瑞泉院にて 「ふぐ供養」 魚の供養を

 新鮮な 海の恵みに 感謝なし
         この一年 料理に使いし 魚介類
                 ありがたく ふぐに準え 供養する 
         
DSCF0385_convert_20130424183316.jpg

DSCF0378_convert_20130424183523.jpg
 
DSCF0380_convert_20130424183608.jpg

 ふぐ供養 塩坂越(しゃくし)は 瑞泉院にて
         若狭町 観光協会 関係業者の役員が
                 本堂に一同揃いて お参りをする

  有難き 読経がながれ 手を合せ
          次々に焼香をし 魚の供養を 確りと
                  海の幸 恩恵受けし者の 集まりで   
 
DSCF0379_convert_20130424183446.jpg

DSCF9375_convert_20121111162858.jpg

DSCF0381_convert_20130424183400.jpg

 若狭湾 魚種も多くて 鮮度も良く
         目の前が 海為るが故 朝獲れを
                 素早い調理で お膳に並べる宿ばかり

  その季節 若狭の冬の 美味い物
          宿の自慢は 越前カニに若狭フグ
                  まだ有りし 大敷網の 寒ブリも

   若狭の地 御食国(みけつくに)と云われし如く
           山と海 食材豊富で 料理も多彩
                   旨い魚 食べたく為ったら 若狭町へ

    季節ごと 旬の魚で おもてなし
            フグとカニ 魚の供養も 無事に済み
                    若狭の海 今年も豊漁 間違い無しで    

旅に情けを 有難うの心で御もてなしを 

 虹岳島へ 秘湯巡りで 宿泊を
         各所より 集い来られし 御夫婦連れが
                 忘れ物 取りに帰られ レインボーラインへ
                  
DSCF7383_convert_20130421211056.jpg
 (梅丈岳の展望台行きケーブルカーとリフトの乗り場)
DSCF7435_convert_20130421210911.jpg

 お泊りの お部屋を再度 点検を
         先程は 携帯電話で 今度はカメラ
                 電話して 忘れ物の 連絡をする

  皆さま方 梅丈岳の 第一駐車場
          展望台行き ケーブルカーに 乗車中と
                  又取りに 帰りますよと申されており
        
DSCF7384_convert_20130421211021.jpg
 (梅丈岳は 第一駐車場より 三方五湖の展望 虹岳島も見える)
DSCF7371_convert_20130421211203.jpg
 (奥座敷的お茶室の前に五木ひろしの歌碑「幸せさがして」がある)
DSCF7386_convert_20130421214631.jpg
 (レインボーラインより見る日向湖 この辺りに駐車場が欲しい景色)
DSCF7393_convert_20130421210945.jpg

 旅先で 二度も三度も 忘れ物
         またしても 取りに帰ると 言われるが
                 マイクロの 大きな車で 大変だろうと

  帰り道の 日向のゲートは 料金所まで
          お届けに参りますよと 申し上げて
                  料金所 係の人に 事情の説明を

   それならば 忘れ物を 展望台へと
           こころよく 通して頂き有りがたき事
                   無事カメラ 忘れし人に 届けられ

    皆様方は まさか此処まで 届くとは
            その心遣い 思いもよらずと 感謝され 
                    若狭での 楽しい想いで持ち帰ると

     旅は心で 旅に情けを有難うの心で 御もてなしを ・・・・・                                 

春祭り観て 幼き頃の想いに更ける

 遅咲きの 八重の桜が 満開で
         山車を引き 無病息災 祈りて廻る
                 笛の音に 子等が太鼓を 合せ打つ

DSCF0360_convert_20130421170307.jpg

DSCF0364_convert_20130421170214.jpg

DSCF0369_convert_20130421170114.jpg

 日吉神社 若狭の気山の 六箇村
         この4月 各字ごとに 春祭り
                 今日の日の 21日 苧区の祭り

  村中を 山車を仕立てて 曳きまわす
          中老が お神酒を注いで 笛を吹き
                  幼き子 衣装身に付け 太鼓を敲く
          
DSCF0366_convert_20130421170957.jpg

DSCF0358_convert_20130421170349.jpg

 伝統の 春の祭りを 末永く
         伝え続けて 伝承するは 至難の技で
                 小部落で 老いも若きも 協力を為す

  笛を吹き 太鼓を敲く 練習は
          夜な夜なに 幼き男児 集まりて
                  べそをかきつつ 練習重ね 祭りの本番

   田舎の祭り 想い出深き 伝統行事
           近年は 笛と太鼓を打つ 子供も減りて 
                   祭り風景 幼き頃の 心の中の古郷で 

    氏神の 宇波西神社の 大祭の後
            次々に 気山の字は集落 春祭り
                  祭りが済むと 若狭の里にも 春が来る                                                 

野に咲きし 草花達が 春を告げ

 桜散り 梅が実を付け 桃が咲く
         心地好き そよ吹く風が 頬を撫ぜ
                 若狭にも 春の息吹を 感じられ

DSCF0325_convert_20130413223145.jpg

DSCF0327_convert_20130413223107.jpg

DSCF0329_convert_20130413224220.jpg

 梅街道より 虹岳島温泉 入口は
         三筋に別れる 川中神社の 横手道
                 一斉に 黄色き菜花が 咲き競う

  花桃が ピンク色して 土手の道
          その藪に 白き色した 可憐な花も
                  訪ね来られし皆様方を 出迎えてくれ 
          
DSCF0312_convert_20130413223421.jpg

DSCF0341_convert_20130414114619.jpg

DSCF0333_convert_20130413223024.jpg

 道端に 咲きし花々 名も知らぬ
         虹岳島の 長屋門前 木に咲く花も
                 山の土手 紫色した 小さき草花
                 
  温泉の 前庭飾る タンポポに
          露天風呂 綿菓子の如き 白い花
                  雑草に 混じりて咲かす かれんな花々

   草刈りて 自然そのまま 為せるまま
           環境に 合いし草花 根を張りて
                   同じ場所 同じところに 花咲かす

    ふるさとは 水も空気も 草花も 
                 自然の儘が 一番良しと ・・・・・           

春祭りの神事芸能を 宇波西神社で

 春本番 宇波西神社の大祭が
         若狭、美浜の氏子の集落 持ち回りで
                 豊魚豊作願い 神事芸能 奉納なされ
                 
DSCF0283_convert_20130408223243.jpg

DSCF0269_convert_20130408222304.jpg

DSCF0281_convert_20130408222352.jpg

 先ずは拝殿 日向区による 浦安の舞
         続いて境内では 美浜の気山区 子供太鼓
                 いよいよ本番 海山地区の 王の舞 

  王の舞 舞手を倒すと 豊魚豊作と
          倒されぬ様 青竹手にした 警護役と
                  押し倒す構えの見物人と観客とで 
 
DSCF0287_convert_20130408222219.jpg

DSCF0294_convert_20130408222140.jpg

DSCF0297_convert_20130408222053.jpg

 王の舞 鼻高面に 鳥かぶと
         十尺程の 鉾をば手に持って
                笛と太鼓の拍子に合わせ舞い踊る

  舞いの終わりは「雀の舞い」と呼ぶ振りで
          舞い方の 動作激しく頭に付けた鳥兜
                 顎紐が 緩んで切れて舞われずに

   王の舞 続いて次は 獅子舞で
           日向区は 田楽躍り べんざらさ
                 気山区の子供神輿が渡り 例祭終わる

    伝統芸能を 受け継ぎ守り抜く
            皆様のご苦労に 心より感謝致します

       この祭りが済むと 里人の心にも 春が訪れる ・・・・・

道南の函館観光と秘湯の宿へ part.4

 五稜郭と 夜の函館山は 夜景見に
         今宵の宿は 法華クラブ函館で
                 もう一度 五稜郭観て 熱帯植物園へ
 
DSCF0235_convert_20130406100317.jpg

DSCF0233_convert_20130406100919.jpg

 絶景の 函館山は山頂 霞に包まれ
         何も見えずに 雲の中 残念至極
                 ロープウェィ 下りの中途で夜景見え

  次の日は ホテルで早々 朝食済ませ 
          見残した 心残りの 箱館奉行所                 
                  五稜郭の 和式建築に興味も有りて
          
DSCF0258_convert_20130406095918.jpg

DSCF0261_convert_20130406095839.jpg

DSCF0257_convert_20130406095954.jpg

 五稜郭より 湯の川温泉 タクシーで
         次いでに観光 熱帯植物園の見学に
                 入場門横 左手の奥に 猿山が有る

  温室の 建物入れば 熱帯で
          木々茂り 色とりどりの花が咲く
                  ベンチに腰掛け 暑さ凌ぎにアイス食べ

   見学の多くの人は 子供ずれ
           場違いか 背広にネクタイ オッチャンは
                一人腰かけアイスクリーム、ナメナメをして

     不思議そう 小さな子等が
              オッチャン横目で 眺め見て通る 
                  
        道南観光 一人旅 想いでつくり 帰途につく ・・・・・ 

歴史と夜景のドラマチックな街 函館を part.3

 函館へ 秘湯の帰りは 先ず五稜郭へ
         十字街 函館山は ロープウェイ
                 歴史と光りドラマチックな街の夜景をと

DSCF0230_convert_20130406100430.jpg

DSCF0231_convert_20130406100354.jpg

DSCF0245_convert_20130406100235.jpg

 五稜郭 歴史を感じる 石垣に掘り
         幕末の動乱 函館戦争 蝦夷地開拓と
                 榎本武揚 土方歳三らの想いを感じ

  再建の箱館奉行所 木造で
          威風堂々 腰、壁、屋根も 重厚で
                  室内は 趣き有りし 全て和の造り

DSCF0248_convert_20130406100116.jpg

DSCF0251_convert_20130406100037.jpg

 五稜郭 古き文献 探りて通り
         屋根瓦 構造材も 造作も
                 昔通りに 復元為され 見応えが有る

  建築に 心得ありて うるさきは
          場内係の 造りの説明 確かめて
                  何やかと 質問為してる オッチャンで 

   時も経ち 夕闇迫り 来し頃と
           電車に乗り 十字街下車 坂道を
                   函館山 ロープウエィ乗り場 急ぎ行き

    外国の 人に混じりて ロープウエィ
            登り行き 夜景が見えるも 途中まで
                    霞たち それから先は 霧の中

   北海道 五稜郭に 函館山も
           中国の 団体旅行で 多くの人が
                   溢れ返って 有難き事 此の上無しで ・・・・・

素晴しき雪の景色は ニセコ新見温泉 part.2

 銀婚湯 朝食済ませて ニセコへと
         峠道 雪の垣根を 分け入れば
                 ニセコ温泉郷 新見本館の 入口で

DSCF0228_convert_20130406100511.jpg

DSCF0212_convert_20130406100627.jpg

DSCF0218_convert_20130406100704.jpg

 早朝に八雲を出発 120km走行で
        雪道の これ程までに 積もりしを
                今の時期 見れし事をば 楽しめる

  秘湯の宿 新見本館 10時半に着き
         早々に 温泉と客室の 説明案内をと
                 積雪の 苦労の話 お聞きして

DSCF0226_convert_20130406100546.jpg

DSCF0222_convert_20130406100735.jpg

 屋根に乗る 積もりし雪が 庇を壊す
         落ちてきて 全ての窓の 外気を閉ざし
                 陽の光 廊下も部屋にも 入らずで

  雪国の この環境は 此処でしか
          体験出来ぬ 不思議な景色 見れる事
                  蛍の光り窓の雪 雪の灯りで 勉強を

   雪景色 体験出来て 楽しめる
           この良さを 雪の知らない 旅人に
                   面白く アピールするは 新見の宿で

    雪国の ニセコ郷土の 新見膳
            昼食に 心のこもりし 御料理を
                    美味しく頂きニセコ新見温泉後にする

     北海道は 秘湯の宿 銀婚湯に新見本館さま
                 勉強させて頂き 有難う御座いました
                

趣向凝らした野天風呂と厚きもてなし銀婚湯

 秘湯の会 OB囲んでの研修会が
         北海道の 想い深き宿は 銀婚湯で
                庭園広く 熱き温泉 野天風呂多し

DSCF0181_convert_20130405174018.jpg

DSCF0179_convert_20130405173940.jpg

DSCF0197_convert_20130405174054.jpg

 中部国際空港 北の大地へ 空の人となり
         フライトは 一時間半ほどで 北海道へ 
                 函館は 空気も澄んで 上天気で
 
  各地より 函館空港 参集の
          メンバー待ちうけ 銀婚湯のバス  
                  迎えの車で 八雲町は 上の湯へ

DSCF0211_convert_20130405174221.jpg

DSCF0208_convert_20130405174142.jpg

DSCF0206_convert_20130405174337.jpg
 
 銀婚湯 5時を過ぎての到着で
         早速に 研修会が始まりて
                 びっしりと7時過ぎまで 研修を

  予定も過ぎ 懇親会の始まるまでの
          期待の湯 20分程で温泉浸かり
                  和気あいあい OB囲んで 酒盛りを

   場所を変え 二次会の席 夜中まで
           お話を聞き 教えられし事 多くある
                   守り来られし秘湯の会も 40周年とか                  
     秘湯の会の理想と理念
             旅に情けを有難うの心でもてなしを ・・・・・   
プロフィール

虹岳島荘

Author:虹岳島荘
福井県若狭町、湖畔に浮かぶ
温泉宿「虹岳島荘」です。
・・・「こがしま」荘と読みます。
福井県では唯一の日本秘湯を守る会の宿です。
宿での出来事、お知らせ、周辺観光案内などを「虹岳島の粋なオッチャン」自称、釣りバカ名人!のオーナーがつづります。

虹岳島荘の公式webサイト
オッチャンブログへようこそ!   虹岳島温泉「虹岳島荘」のサイトにも遊びに来てください!
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2ブログランキング
オッチャンブログを読んでくれてありがとうございます!!!

FC2Blog Ranking

ブログランキング
こちらのランキングにも参加しています! ポチッと押して応援してください (^^)/
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
リンク